気象予報士になるためには

気象予報士の試験勉強を通信教育で

気象予報士の資格を通信講座で勉強して取得しようと思っている場合は、独学とは何が違うのかを考えたほうが良いでしょう。

 

というのも、通信教育とは名ばかりで、サポートは全くなしの教科書だけ販売しているようなところもあるからなのです。

 

こういったところは、まともなサポートがないのに書店で参考書を購入するよりも費用が高価なのです。

 

しかし最近の通信教育は、サポートが行き届いているところが多くあるようです。

 

分からないことがあった際には、電話やメールで質問を受け付けてくれたりもします。

 

逆に言えば、そうでないところを利用するのであれば、独学でも変わらないのではないでしょうか。

 

通信教育で気象予報士の資格勉強をするメリットは、費用が安く、サポートも受けられるという点でしょう。

 

教室や独学のちょうど中間あたりのメリット・デメリットであると考えればいいでしょう。

 

費用については、何十万円もかかるというより、10万円以下で抑えられる場合が多い様です。

 

独学で取得する自信はないけれど、教室に通うほどの資金の余裕もないという人に向いている方法でしょう。

 

それから、自分のペースで気象予報士の資格勉強をすることが出来るので、働きながら合格を目指している人や自分のペースで少しずつ勉強を進めたいと思っている人も選択してみるといいでしょう。

 

まずは費用や期間を確認し、どんなサポートが用意されているのかをきちんと把握した上で決めるといいですね。

 

資料が用意されているところもたくさんあるので、そういったものも取り入れてから決める事をお勧めします。

気象予報士の試験勉強を通信教育で関連エントリー


Copyright (C) 2010 気象予報士資格取得ガイド All Rights Reserved.

お役立ちリンク集

気象予報士の試験勉強を通信教育で

気象予報士の資格を取得する為に必要な物を紹介します。