気象予報士になるためには

気象予報士の試験勉強を独学で

気象予報士の資格を取得するための方法として独学を選択した場合、どのようなメリット・デメリットがあるかご存知でしょうか。

 

まずメリットについてですが、通信教育か学校を選択するのに比べて、費用が安く済むということなのです。

 

最初から評価が高い参考書などを、インターネットを使って調べた上で購入すれば、参考書の数も最低限に抑えることができるでしょう。

 

しかし、デメリットも少なくないのです。

 

独学が向かない人にとっては、数年間かからないと合格レベルに達さない可能性もあるでしょう。

 

誰かに教えてもらうと簡単に理解出来ることでも、書籍ではちょっと難しく書かれている場合もあります。

 

そういった場合、独学だと無駄な時間をかけてしまうことにもなりかねないのです。

 

先生と呼べる存在がいないので、何か分からないことがあったり、躓いてしまった時に、自分一人で解決しなければならないでしょう。

 

取得者が多い資格であれば、インターネットサイトで質問をしたりして解決することも可能です。

 

しかし気象予報士の資格は、取得している人の数がそれほど多くないため、質問に答えてくれる人がいたとしても、回答を得られるまでに時間がかかってしまう場合が多いのではないでしょうか。

 

それから、気象予報士の資格試験は年に2回しか行われていないので、独学だと、スケジュール管理を自分でしっかり行い、予定していた月の試験に合格出来るように自分で考えなければならないのです。

 

とにかく安い方法をと考える人には向いていますが、早く取得したい人などには不向きな方法だと言えるでしょう。

気象予報士の試験勉強を独学で関連エントリー


Copyright (C) 2010 気象予報士資格取得ガイド All Rights Reserved.

お役立ちリンク集

気象予報士の試験勉強を独学で

気象予報士の資格を取得する為に必要な物を紹介します。