気象予報士になるためには

気象予報士の試験概要

気象予報士試験と呼ばれるものに合格することで、気象予報士になるために必要な資格を取得することが出来ます。

 

試験地は北海道・宮城県・東京都・大阪府・福岡県・沖縄県となっているため、自分が住んでいる地域で開催されない場合は、試験地まで向かう必要がありますね。

 

ただ、受験資格も定められていないので、勉強さえしっかりと行えば、誰でも合格を目指すことが出来ると言えるでしょう。

 

受験手数料は11,400円となっており、これは金融機関からの振込みで入金する形となります。

 

学科試験と実技試験を受験することになります。

 

学科は「予報業務に関する一般知識」と「予報業務に関する専門知識」の2つに別れているのですが、必ず一度にどちらも合格しなければならないというわけではありません。

 

もし、片方が不合格となってしまった場合でも、申請をすれば合格発表日から一年以内に行われる試験に限り、合格したものが免除となります。

 

学科だけどちらも合格しているという場合も、両方とも免除となるので、実技試験合格を目指すだけになります。

 

1月下旬と8月下旬の年に2回開催されているので、短期間で取得を目指すことも出来るでしょう。

 

気象予報士の資格試験は、学科と実技を合わせると3時間を越すため、長時間集中して試験を受けることが出来るように、普段の勉強時間を長くしておくといいかもしれません。

 

お天気キャスターは女性のほうが多いような印象がありますが、受験者は男性のほうが多いです。

気象予報士の試験概要関連エントリー


Copyright (C) 2010 気象予報士資格取得ガイド All Rights Reserved.

お役立ちリンク集

気象予報士の試験概要

気象予報士の資格を取得する為に必要な物を紹介します。