気象予報士になるためには

気象予報士の資格取得にかかる費用

気象予報士の資格を取得しようと思った場合、どれくらいの費用が必要になるのでしょうか。

 

まず独学の場合ですが、本を購入して勉強することになると思います。

 

ご存知の方は多いと思いますが、専門書というのは高いものが多いです。

 

そのため1冊あたり3,000円前後で考えておくといいですね。

 

最低でも5冊前後を使って勉強することになると思うので、書籍代として1万円〜2万円くらいが必要になるでしょう。

 

通信教育を選択する場合は、どれを選択するかによって大きく違いますが、6万円〜8万円くらいのところが多いようです。

 

それから学校についてですが、費用の中ではこちらが一番高くなります。

 

50万円〜100万円を越えることも珍しくないので、気象予報士の資格取得の方法として学校を選択しようと思っている人は、資金についても考えなければなりません。

 

気象予報士の資格試験の手数料は11,400円ですが、会場が北海道・宮城県・東京都・大阪府・福岡県・沖縄県にしか設置されていないので、このほかの地域に住んでいる人は、交通費についても考えておかなければならないでしょう。

 

費用としては独学→通信教育→学校の順で高くなりますが、独学の場合、予想外にたくさんの書籍や問題集を購入し、結局は通信教育を選択しておいたほうが安かったというケースもあります。

 

どれが自分に合っているかも大切ですが、費用に無理があっては続けることが出来ないので、どちらの面からもしっかり考えて決めるといいですね。

気象予報士の資格取得にかかる費用関連エントリー


Copyright (C) 2010 気象予報士資格取得ガイド All Rights Reserved.

お役立ちリンク集

気象予報士の資格取得にかかる費用

気象予報士の資格を取得する為に必要な物を紹介します。