気象予報士になるためには

気象予報士の資格取得者の傾向

気象予報士資格を取得するのは、昔は男の人の割合のほうが極端に高く、女性はほんの一部しか居ませんでした。

 

ですが、最近は女性の取得者も増えてきています。

 

一生涯活用することが出来る能力なので、一度出産のために職場を離れても、復帰しやすいという魅力が大きい様です。

 

それから、景気に左右されずに活躍できる能力となるので、安定して働きたいと思っている人も取得を目指しているのです。

 

また年齢についてですが、特に制限が設けられていないので、若い人から年配の方まで、幅広く勉強をし試験に挑んでいるのです。

 

現在気象予報士として働いている人が最も多い年代は30代なのですが、資格を取得するのに20代から勉強を始めて、実際に取得出来たのは30代になってからという人もいます。

 

一日に何時間も勉強時間が取れる人であれば別ですが、30代半ばでの取得が多いということは、仕事をしながら勉強をし、取得している人が多いからともいえるでしょう。

 

勉強方法として選択している人が多いのは、学校よりも通信教育のようです。

 

というのも、仕事をしながら学校に通うのはとても大変ですよね。

 

仕事をしないで学校に通ってもしばらく問題ないだけの貯蓄があれば別なのですが、そこまで余裕がない人が多いため、費用が安く済む通信教育が気象予報士の資格取得に多く活用されています。

 

気象予報士の資格は就職や転職にも便利なので、就職活動がなかなかうまくいかずにいる人が、取得を目指すこともあります。

 

天気に少しでも関連する仕事につきたい人は、取得しておいて損は無いでしょう。

気象予報士の資格取得者の傾向関連エントリー


Copyright (C) 2010 気象予報士資格取得ガイド All Rights Reserved.

お役立ちリンク集

気象予報士の資格取得者の傾向

気象予報士の資格を取得する為に必要な物を紹介します。