気象予報士になるためには

気象予報士の取得期間の目安

気象予報士の資格を取得するのはとても難しいこととしてよく知られていることです。

 

取得にかかる期間についてですが、一日にどれくらいの勉強期間をとることが出来るかによって、期間が大きく変わってくるでしょう。

 

時間で言えば、1,000〜1,200時間を目安にするといいと言われています。

 

一日に数時間勉強するとしても、1年以上かかると考えておいたほうが無難でしょう。

 

これは、通信教育などを利用した場合も同様です。

 

出来るだけ短い期間で取得したいと考えるのはみんな同じだと思いますが、試験にかかる手数料は11,400円と高いので、何度も不合格となってしまうともったいないですよね。

 

気象予報士の資格勉強をしっかりしておいて、一発合格が目指せるようにするといいでしょう。

 

期間が長めに取れるのであれば、15ヶ月くらいを目安にしてスケジュールを考えるといいですね。

 

とにかく難しいということをしっかり頭に入れておかなければなりません。

 

学科だけでなく、実技についても学ぶ必要があるので、勉強期間を長く設定したほうが良いでしょう。

 

あくまでもこれは通信教育や教室を利用した場合の期間です。

 

独学で気象予報士の資格を取得しようと考えている人は、2年とまではいかなくても、それに近い期間勉強をしたほうが良いでしょう。

 

仕事をしながら気象予報士の資格を取得する場合は、どうしても1日にとれる勉強時間は少なくなってしまうと思いますが、何年も少しずつ勉強を進めていって取得する人も珍しくないので、諦めずに合格を目指しましょう。

気象予報士の取得期間の目安関連エントリー


Copyright (C) 2010 気象予報士資格取得ガイド All Rights Reserved.

お役立ちリンク集

気象予報士の取得期間の目安

気象予報士の資格を取得する為に必要な物を紹介します。