気象予報士になるためには

気象予報士の資格についての概要・種類

気象予報士になるためには、資格を取得しなければならないのです。

 

これは国家資格となるため、実施されている試験の種類は1種類のみとなり、難易度は非常に難しいでしょう。

 

財団法人気象業務支援センターが実施しているので、希望者はそちらに問い合わせをする形となります。

 

1月と8月に開催されていますが、それぞれ3ヶ月ほど前になると財団法人気象業務支援センターから試験の詳細が発表されるので、確認した方がよいでしょう。

 

また、気象予報士として活動するためには、合格後、気象庁に登録をしなければならないのです。

 

この登録をしないと、あくまで試験合格者であり、気象予報士ではないので注意しなければいけません。

 

郵送手続きによる場合の登録手数料は3,600円、オンライン申請の場合は2,900円となっていますが、この金額は3年ごとに見直しがされるので、自分が登録するときに再度確認してみるといいでしょう。

 

資格試験に合格するためには、暗記をする能力も必要です。

 

頭を使って計算をするというものよりも、暗記した記憶を頼りに進めるところも多いので、勉強時間は長くとっておいたほうがいいでしょう。

 

ただ、試験の時間は1時間以上と長いので、焦って問題を進めなければならないものとは異なります。

 

気象予報士の資格を取得するためには、とにかくコツコツと勉強をすることが何よりも大切なのです。

 

年齢制限がないため、諦めずに勉強を続けていけば必ず取得出切るでしょう。

 

合格した学科は1年以内に限り免除となるので、最初から分けて勉強をする人もるようです。

気象予報士の資格についての概要・種類関連エントリー


Copyright (C) 2010 気象予報士資格取得ガイド All Rights Reserved.

お役立ちリンク集

気象予報士の資格についての概要・種類

気象予報士の資格を取得する為に必要な物を紹介します。