気象予報士になるためには

気象予報士の資格取得方法

気象予報士の資格を取得する為に必要な物を紹介します。

気象予報士の資格取得方法エントリー一覧

気象予報士の資格についての概要・種類
気象予報士になるためには、資格を取得しなければならないのです。これは国家資格となるため、実施されている試験の種類は1種類のみとなり、難易度は非常に難しいでしょう。財団法人気象業務支援センターが実施しているので、希望者はそちらに問い合わせをする形となります。1月と8月に開催されていますが、それぞれ3ヶ月ほど前になると財団法人気象業務支援センターから試験の詳細が発表されるので、確認した方がよいでしょう。また、気象予報士として活動するためには、合格後、気象庁に登録をしなければならないのです。この登録を...
気象予報士資格取得方法
気象予報士の資格を取得するにはいくつかの方法がありますが、独学・通信教育・学校のいずれかを選択することになるでしょう。難易度は難しいとされているため、独学で学ぶという人は、それなりの期間を勉強に当てるつもりでいたほうがいいでしょう。試験範囲は、非常に広くて深いものとなるので、適当に参考書を見ただけで合格レベルに達することが出来るものではありません。確かに、学校や通信教育を選択すると、独学で学ぶ以上に費用がかかってしまうでしょう。しかし、気象予報士として活躍するためには、資格を取得するだけではなく...
気象予報士の取得期間の目安
気象予報士の資格を取得するのはとても難しいこととしてよく知られていることです。取得にかかる期間についてですが、一日にどれくらいの勉強期間をとることが出来るかによって、期間が大きく変わってくるでしょう。時間で言えば、1,000〜1,200時間を目安にするといいと言われています。一日に数時間勉強するとしても、1年以上かかると考えておいたほうが無難でしょう。これは、通信教育などを利用した場合も同様です。出来るだけ短い期間で取得したいと考えるのはみんな同じだと思いますが、試験にかかる手数料は11,400...
気象予報士の資格取得者の傾向
気象予報士資格を取得するのは、昔は男の人の割合のほうが極端に高く、女性はほんの一部しか居ませんでした。ですが、最近は女性の取得者も増えてきています。一生涯活用することが出来る能力なので、一度出産のために職場を離れても、復帰しやすいという魅力が大きい様です。それから、景気に左右されずに活躍できる能力となるので、安定して働きたいと思っている人も取得を目指しているのです。また年齢についてですが、特に制限が設けられていないので、若い人から年配の方まで、幅広く勉強をし試験に挑んでいるのです。現在気象予報士...
気象予報士の資格取得にかかる費用
気象予報士の資格を取得しようと思った場合、どれくらいの費用が必要になるのでしょうか。まず独学の場合ですが、本を購入して勉強することになると思います。ご存知の方は多いと思いますが、専門書というのは高いものが多いです。そのため1冊あたり3,000円前後で考えておくといいですね。最低でも5冊前後を使って勉強することになると思うので、書籍代として1万円〜2万円くらいが必要になるでしょう。通信教育を選択する場合は、どれを選択するかによって大きく違いますが、6万円〜8万円くらいのところが多いようです。それか...
気象予報士の試験概要
気象予報士試験と呼ばれるものに合格することで、気象予報士になるために必要な資格を取得することが出来ます。試験地は北海道・宮城県・東京都・大阪府・福岡県・沖縄県となっているため、自分が住んでいる地域で開催されない場合は、試験地まで向かう必要がありますね。ただ、受験資格も定められていないので、勉強さえしっかりと行えば、誰でも合格を目指すことが出来ると言えるでしょう。受験手数料は11,400円となっており、これは金融機関からの振込みで入金する形となります。学科試験と実技試験を受験することになります。学...
気象予報士の試験勉強を独学で
気象予報士の資格を取得するための方法として独学を選択した場合、どのようなメリット・デメリットがあるかご存知でしょうか。まずメリットについてですが、通信教育か学校を選択するのに比べて、費用が安く済むということなのです。最初から評価が高い参考書などを、インターネットを使って調べた上で購入すれば、参考書の数も最低限に抑えることができるでしょう。しかし、デメリットも少なくないのです。独学が向かない人にとっては、数年間かからないと合格レベルに達さない可能性もあるでしょう。誰かに教えてもらうと簡単に理解出来...
気象予報士の試験勉強を学校で
学校で勉強し、気象予報士資格を取得しようと思っている人も多いのではないでしょうか。普通に生活していたら、気象情報について学ぶ機会は無いでしょう。そのため、独学では何から手をつけて勉強すればいいのか全くわからないという人も多い様なのです。通信教育という手もありますが、仕事をしていなかったり、ある程度勉強に使えるお金がある人は、学校を選択したほうが確実だと思うのです。学校で気象予報士の資格取得勉強をすると、どのような点がメリットになるのでしょうか。それはすぐに質問が出来るという点でしょう。分からない...
気象予報士の試験勉強を通信教育で
気象予報士の資格を通信講座で勉強して取得しようと思っている場合は、独学とは何が違うのかを考えたほうが良いでしょう。というのも、通信教育とは名ばかりで、サポートは全くなしの教科書だけ販売しているようなところもあるからなのです。こういったところは、まともなサポートがないのに書店で参考書を購入するよりも費用が高価なのです。しかし最近の通信教育は、サポートが行き届いているところが多くあるようです。分からないことがあった際には、電話やメールで質問を受け付けてくれたりもします。逆に言えば、そうでないところを...

Copyright (C) 2010 気象予報士資格取得ガイド All Rights Reserved.

お役立ちリンク集