気象予報士になるためには

気象予報士の勤務時間

資格を取得し、気象予報士として働けることになった場合、勤務時間はどのようになるのかご存知でしょうか。

 

これは、職場によってかなり大きく異なります。

 

一般的な例として、交代制のところが多いでしょう。

 

24時間体勢でデータを集め、情報を分析しなければならない現場では、8時間×3人交代制をとっているところも多い様です。

 

しかし、もしその現場に気象予報士の資格を持っている人が4人いれば、6時間交代という可能性もあるでしょう。

 

また、何人交代かという点は、休みがどれくらいの頻度であるかも左右します。

 

まだまだ取得者が少ない資格なので、大きな職場であれば必ずしもたくさんの気象予報士がいるというわけではないのです。

 

どうしても長時間働けない理由や、休みがしっかり欲しいという希望がある場合は、勤務時間について最初に確認しておく事をお勧めします。

 

また、ギリギリの人数で働いている職場だと、どうしても休みを取るのが困難になるでしょう。

 

特に、前述のように3交代といった形で回している職場だと、急な風邪をひいたりした時に、休みを取るのが難しくなってしまいます。

 

お天気キャスターの場合は当然ですが、民間の気象会社なども、ギリギリの人数で回しているところが多いのです。

 

気象予報士の資格を取得し、出来るだけ自分の時間も自由に使いたいと思っている人は、派遣やアルバイトといった形も向いているのではないでしょうか。

 

仕事内容だけでなく、勤務時間についても考えておくようにするといいですね。

気象予報士の勤務時間関連エントリー


Copyright (C) 2010 気象予報士資格取得ガイド All Rights Reserved.

お役立ちリンク集

気象予報士の勤務時間

気象予報士の資格を取得する為に必要な物を紹介します。