気象予報士になるためには

気象予報士の仕事内容

気象予報士の資格を取得した人は、どんな仕事をすることになるのかご存知でしょうか。

 

まずはデータ収集が基本となります。

 

気象庁からデータを受け取りますが、これはかなりの量となるのです。

 

地上にいながら手に入れられるデータのみでなく、気象衛星が得た情報なども全て受け取り、それらを組み合わせた上で予想をしてくことになるからです。

 

昔は全て手作業で行われていましたが、今はパソコンを使いながら予想を立てていくのが基本でしょう。

 

そのため、気象予報士の資格をより活用したいのであれば、パソコンに関する能力も身につけておいた方がよいでしょう。

 

どういった職場で働くかによってやるべきことは変わってきますが、一般的には、一人で全国の予想をするというより一部の地域に的を絞ったデータを組み立てていくことになるでしょう。

 

例えば、この地域でイベントをしたいと思っている会社から、「イベント期間中はどのような天気になるか調べて欲しい」というように依頼され、それについて調べていくお仕事が多いでしょう。

 

気象予報士の資格を取得し、テレビやラジオのお天気コーナーを担当することになった場合は、分かりやすく原稿を作り、それを間違わずに読むのも仕事の一つなのです。

 

ただ、テレビ局に入社したとしても、すぐにこういった仕事が与えられるかというとそうではなく、数ヶ月〜数年に渡りキャスターとしての勉強をする場合が多いでしょう。

 

民間の気象会社で働く場合も、資格があったとしてもしばらくは先輩気象予報士のお手伝いをするのが主な仕事となる事が多いようです。

気象予報士の仕事内容関連エントリー


Copyright (C) 2010 気象予報士資格取得ガイド All Rights Reserved.

お役立ちリンク集

気象予報士の仕事内容

気象予報士の資格を取得する為に必要な物を紹介します。