気象予報士になるためには

気象予報士の給料・初任給

国家資格ということもあり、気象予報士の給料はちょっと予想出来ない人が多いのではないでしょうか。

 

あくまでデータ的な話になってしまいますが、平均すると400万円後半〜600万円くらいの年収になることが多いようです。

 

ただ、どういった職場で働くかによって大きく年収は変わってくるでしょう。

 

この一般的な400万円後半〜600万円というのは、給料が比較的高い職場でのデータではないかと思われます。

 

というのも、テレビに出演しているようなお天気キャスターの場合、月給が20万円〜30万円というデータもあるからです。

 

その一方で、国民の多くが名前を知っているレベルのキャスターになれると、年収が1千万円を超えることも珍しくありません。

 

また、貿易など天気が売り上げに関連してくる職場だったりすると、気象予報士の資格を持っていることで手当てが支給される場合もあります。

 

その場を管理する役職になったりすれば、更に役職手当が加算されることもあるでしょう。

 

初任給に関しても、どこで働くかによって金額は大きく変わってきます。

 

出来るだけ給料に拘りたいのであれば、気象予報士の資格を持っていることで手当てが支給されたり、最初から高い給料が定められているところを選択するといいですね。

 

気象予報士の資格が活かせる職場であれば、平均かそれ以上の収入が期待出来るはずです。

 

せっかく勉強して取得するわけなので、出来るだけ活かせる職場を探してみるといいでしょう。

気象予報士の給料・初任給関連エントリー


Copyright (C) 2010 気象予報士資格取得ガイド All Rights Reserved.

お役立ちリンク集

気象予報士の給料・初任給

気象予報士の資格を取得する為に必要な物を紹介します。