気象予報士になるためには

気象予報士とは

気象予報士の資格を取得する為に必要な物を紹介します。

気象予報士とはエントリー一覧

気象予報士のニーズ
気象予報士の資格を取得したとしても、活躍出来るのは数少ない活躍の場を得ることが出来た人だけだと思っている人が多いのではないでしょうか。しかしそんなことは無いのです。かなり様々な現場で天気に関する知識を持っている人が求められているのです。どういったところで活躍することが出来るかというと、どの現場を選んだかによって異なりますが、皆さんがすぐに思い浮かぶのが、テレビなどのメディアではないでしょうか。ニュースの合間に「明日のお天気」として紹介されているものは、気象予報士の資格を持っている人が行っているこ...
気象予報士の給料・初任給
国家資格ということもあり、気象予報士の給料はちょっと予想出来ない人が多いのではないでしょうか。あくまでデータ的な話になってしまいますが、平均すると400万円後半〜600万円くらいの年収になることが多いようです。ただ、どういった職場で働くかによって大きく年収は変わってくるでしょう。この一般的な400万円後半〜600万円というのは、給料が比較的高い職場でのデータではないかと思われます。というのも、テレビに出演しているようなお天気キャスターの場合、月給が20万円〜30万円というデータもあるからです。そ...
気象予報士に向いている人
1993年の開始から気象予報士試験は、趣味として受験をしている人も多いという特徴があるようです。また、年齢制限がないことから、幅広い様々な世代の人に人気のある試験なのです。では、どういった人がこの資格を取得するのに向いているのでしょうか。ひと口に気象予報士と言っても、誰でも簡単になれる職業ではないのです。まず、どの職業にも言えることですが、この資格を活用する仕事に興味がある人であるということが第一条件となるのです。ただ好きだからといってなれるような職業ではないことを頭に入れておいた方が良いでしょ...
気象予報士に求められる能力
気象予報士の資格を取得することは、勉強さえすればそれほど難しいことではないでしょう。しかし、その能力を生かして仕事をすることが出来ない場合は、取得も意味がないものになってしまいますよね。気象予報士にはどういった能力が求められるのか考えてみましょう。当たり前のことですが、天気に関する情報を入手し、それを自分なりに読み解く力が必要となります。天気図などが関係してきますが、これに関してはかなり奥が深いので、独学で学ぶことはかなり難しいと思っておいた方が良いでしょう。分析しなければならないデータも、1つ...
気象予報士になるルート
どのようなルートを選択すれば気象予報士になることが出来るのでしょうか。まずは資格の取得から始めるのが一般的なルートです。とにかく、しっかり勉強をしなければ取得することは難しい資格であることを頭に入れておきましょう。気象予報士として活躍したいのであれば、求人情報を頻繁にチェックする必要があります。活躍出来る場所はたくさんありますが、本当に天気の予想をする「気象予報士」として働きたいのであれば、職場は限られてしまうでしょう。この資格を取得するために得た知識を活かして働くということであれば、他にも活躍...
気象予報士の仕事内容
気象予報士の資格を取得した人は、どんな仕事をすることになるのかご存知でしょうか。まずはデータ収集が基本となります。気象庁からデータを受け取りますが、これはかなりの量となるのです。地上にいながら手に入れられるデータのみでなく、気象衛星が得た情報なども全て受け取り、それらを組み合わせた上で予想をしてくことになるからです。昔は全て手作業で行われていましたが、今はパソコンを使いながら予想を立てていくのが基本でしょう。そのため、気象予報士の資格をより活用したいのであれば、パソコンに関する能力も身につけてお...
気象予報士の勤務時間
資格を取得し、気象予報士として働けることになった場合、勤務時間はどのようになるのかご存知でしょうか。これは、職場によってかなり大きく異なります。一般的な例として、交代制のところが多いでしょう。24時間体勢でデータを集め、情報を分析しなければならない現場では、8時間×3人交代制をとっているところも多い様です。しかし、もしその現場に気象予報士の資格を持っている人が4人いれば、6時間交代という可能性もあるでしょう。また、何人交代かという点は、休みがどれくらいの頻度であるかも左右します。まだまだ取得者が...
気象予報士の役割
資格を取得して気象予報士として働き始める場合、仕事が持つ役割についてもしっかり理解しておきましょう。誰でもすぐに想像出来るのが、これから先の天気予報でしょう。天気を分かりやすく多くの人に伝えるというのは、とても大切なお仕事なのです。寒い日に半袖で出かけたり、雨が降る日に傘も持たずに出かけたりしたら、風邪をひいてしまいますよね。つまり、天気を予想するということは、多くの人の健康を守ることにも繋がるのです。具体的な仕事は、気象庁から公開されている非常に多くのデータを確認し、自分なりに天気を予想すると...
気象予報士の意義・重要性
資格を取得し、気象予報士として働くということは、とても多くの人たちの生活に関連していくということでもあります。もしかしたら、命に関わる機会もあるかもしれません。例えば、明日は台風だけどそれほど雨は強くない、と予想したのに、豪雨になってしまった場合ではどうでしょうか。しかも川が氾濫し、多くの人がその被害に遭ってしまう可能性だってないとは言いきれないのです。これがもし正しく豪雨であると予測できていれば、土のうをたくさん積んでおくなどして、川の氾濫を防ぐ準備が出来ていたかもしれないのです。同じように、...
気象予報士の職場
気象予報士というと、テレビのお天気キャスターしか想像出来ないという人はとても多いのではないでしょうか。そのため、この資格を取得出来た場合、他にどんな活躍の場があるのか分からない人もいるでしょう。よくある勘違いが、大掛かりな実験道具や観測道具を備えている職場を利用しているという考え等です。通常は、パソコンなどを使って行うデータのやり取りが中心であり、自ら観測などを行うことは稀なのです。外に出て、自分の目で空の様子を観察したりすることはあるでしょうが、実験のようなことまで気象予報士が行うことはほとん...

Copyright (C) 2010 気象予報士資格取得ガイド All Rights Reserved.

お役立ちリンク集